Google XML Sitemaps:XMLサイトマップを検索エンジンに自動で送信できるプラグイン

プラグインのインストール方法

sitemap

Google XML SitemapsというWordPressプラグインは、Google、及びBingの検索エンジンにXMLサイトマップを自動で送信することができる便利なプラグインです。XMLサイトマップを送信するということは、検索エンジン(Google)に対して自分が運営しているサイトの更新情報がスムーズに反映されるメリットがあります。

Google XML Sitemapsは日本語対応ですので初心者の方でも扱いやすいプラグインです。

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML SitemapsをインストールするとWordPress管理画面の「設定」の項目に「XML-Sitemap」が追加されますのでそちらをクリックします。

site1

Google XML Sitemapsの管理画面を開いただけではまだXMLサイトマップが形成されていませんので、画像の赤枠部分をクリックします。

site2

そうすると最初のサイトマップが形成されます。

site4

site5

その後、Googleウェブマスターツールに登録します。Googleのアカウントをお持ちでない方は作成しましょう。Googleウェブマスターツールに登録しておくとXMLサイトマップの送信結果などの詳細が確認できます。

 Googleウェブマスターツール

Googleウェブマスターツールの登録方法

site6

Googleアカウントを取得し、ウェブマスターツールにログインします。ログインすると「ウェブマスターツールへようこそ」の画面が開きますので、URLを入力して「サイトを追加」ボタンをクリックします。

site7

所有権の確認作業をするページに切り替わりますので、「別の方法」という項目を選択します。

site8

すると、以下のような項目が現れますので、「HTMLタグ」を選択します。

site9

メタタグが生成されます。

site10

このメタタグをコピーして自分のサイトの<head>~</haed>の中にペーストします。WordPress管理画面の「外観」→「テーマ編集」→「ヘッダー」を選択します。

site11

貼り付けができたら「ファイルを更新」をクリックし、またGoogleウェブマスターツールに戻り「確認」ボタンをクリックします。

site12

貼り付けに問題がなければこのように表示されます。

site13

「続行」をクリックしてサイトマップを送信します。

site14

「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。site15

「sitemap.xml」と入力してサイトマップを送信します。

site16

これでサイトマップの送信は完了です。

site17

サイトマップの追加ができるとGoogleウェブマスターツールの中で登録されたURLの数が表示されます。

site18

Google XML Sitemaps自体の設定は基本的にはデフォルトのままでもOKだと思います。必要に応じて個別に設定することも可能です。

site19

これでGoogle XML Sitemapsの設定は完了です。

Pocket

アフィリエイトで役立つ教材&プラグイン

LUREA
ブログアフィリエイトの決定版!王道教材
本質のビジネスSEO術
SEOとビジネスの本質を学べる教材
YouTube Adds Pro
動画に外部リンクを挿入できるプラグイン

“Google XML Sitemaps:XMLサイトマップを検索エンジンに自動で送信できるプラグイン” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です